口コミが良すぎ!「米肌」が30代から圧倒的に支持される理由

口コミが良すぎ!「米肌」が30代から圧倒的に支持される理由

40代がこよなく愛するスキンケアが「SK-Ⅱ」だとすると、30代に圧倒的に支持されているスキンケアがコーセーの「米肌」だと言えます。

30代―。
肌トラブルが特になかったとしても、今のスキンケアを続けていて10年後もキレイでいられるかな?と不安になる年齢でもあります。とはいえ、エイジングケアは高そうだし、現状でそんなに困ってないし…ということで悩みながらの現状のスキンケアのまま、という方は少なくありません。

だけど、過去に紫外線対策をしてこなかったり、10代~20代に肌に負担をかけたなぁ~という人はこのまま30代を過ごしてしまうのは危険かもしれません。

40代になっても年齢よりずっと若くみられたい。
そう願う30代の女性が選ぶスキンケアが米肌であることが多いようです。

まいこ
まいこ

米肌は30代の肌への意識が高い女性が使っているイメージね。

舞島
舞島

では米肌を30代が選ぶのかを以下で理解しよう。

 

米肌の効果とは?30代が米肌を選んでしまう「効果の秘密」

なぜ30代が米肌をよく選ぶのか。
それは30代に起こりやすい肌悩みへの効果が期待できるからです。

頬や鼻の広がる毛穴へ効果の期待大

年齢による影響、これまで浴びてきた紫外線の影響によりそろそろ肌のターンオーバーが乱れてくる年齢。30代は仕事や育児などのストレスを受けやすく、これらからも肌の代謝が悪くなりがちです。

ふと鏡を見て「毛穴が開いてきた」と感じるのは30代に多い肌悩みの一つ。
広がり毛穴はターンオーバーの乱れから、古く硬い角質が蓄積し、毛穴が戻りにくくなったり、角質層の水分が不足し、肌の弾力が低下してきた際に現れます。
30代の開き毛穴のメカニズム

米肌はこのような広がり毛穴に対し「ライスパワーNo.11」という有効成分が効果を発揮します。

このライスパワーNo.11は厚生労働省が「肌の水分保持能を高める」と認めた唯一の成分。
米肌の「肌潤シリーズ」は全てのアイテムにこのライスパワーNo.11が配合されているのが魅力です。
保湿化粧品によくある「セラミドの供給」ではなく、セラミドを生み出す成分=ライスパワーNo.11を供給するのが特徴です。

まいこ
まいこ

これが米肌の一番の特徴。
セラミドを補うのではなく、セラミドを生み出すもの(ライスパワーNo.11)を肌に入れるんです。

乾燥肌を徹底保湿。小じわ→本じわ予防に期待

20代までは気にならなかった肌の乾燥。
急に目元がカサついたり、乾燥時期によく動く口の周りが粉吹き状態・・・というのも30代になると始まってくることがあります。

まいこ
まいこ

応急措置にニベアのような濃厚クリームを塗ったり、化粧水を何度も重ね付けしても収まらない・・・ということも。。

このようなしぶとい乾燥肌にとっても米肌のライスパワーNo.11をはじめとする有効成分が効果的に保湿をしてくれます。

その理由は何といってもセラミドを肌に効率よく増やす米肌のスキンケアプログラムよるもの。
上記したようにセラミドを生み出す成分を肌に入れることで、効率よくセラミドを生成しています。

舞島
舞島

肌の乾燥を防ぐ=小じわ対策にセラミドは無くてはならない存在だが、キメの荒れた肌に入れたところで、すぐに蒸発してしまうからな。

 

ハリ不足?ほうれい線が深くなった?と不安になる人にも人気

年齢による肌のお悩みとして代表的なのが「ほうれい線」のお悩み。
20代でもほうれい線がある人もいますが、肌のハリが失われ始めるとほうれい線が深くなってきたかも・・・と気になってきますよね。
そんなほうれい線のお悩みがある人達からも米肌は人気があります。

舞島
舞島

真皮まで深く刻まれたほうれい線の解消は難しいが、30代の深まり始めたほうれい線なら角質の保水だけで目立たなくできるんだ。

 

このように米肌は30代から始まる「加齢肌への不安」に効果を発揮してくれる基礎化粧品。
米肌の14日間トライアルセットを使った結果で本品の継続を決める人が圧倒的に多いようです。

米肌トライアルセットを注文した経緯とアイテムの詳細

肌には自信があった私。
しかし―。
30代後半になったある日、鏡を見ていて最初に気になったのが「笑いじわが消えにくくなった」ということでした。
朝は気にならないのに、夕方になると口角にくっきり。
年齢が肌に出始めたと感じました。

これが米肌のトライアルセットを購入した経緯です。
30代の毛穴悩みや肌の変化に米肌が効果的だというのは雑誌や口コミサイトで目にしていたので、迷いなく購入を決めました。

元々肌に限らず、何でも経過を画像で残すのが趣味であったため、米肌を14日間毎日記録に残しました。

その記録を元に商品の到着からアイテムの詳細、そしてどこよりも詳しい体験レビューの順にまとめます。

米肌トライアルは注文から2日で到着

米肌トライアルセットの到着
過剰梱包なしで、外箱をビニールパッキングした状態で到着しました。
米肌トライアルセットの中身がこちら↓
米肌トライアルセットの中身

  • 肌潤石鹸:15g
  • 肌潤化粧水:30ml
  • 肌潤改善エッセンス(美容液):12ml
  • 肌潤クリーム:10g
  • 肌潤化粧水マスク(非売品):1枚

クレンジング以外は全部揃います。
私は普段メイクをするので、クレンジングは必須。
ということで、クレンジングは普段から愛用しているリダーマラボを使います。
リダーマラボのクレンジング

米肌トライアルセットに同梱される書類一式↓
米肌トライアルセットに同梱される書類一式

  • 米肌ラインナップ(カタログ)
  • 初回限定割引チケット
  • トライアルセットの納品書
  • ご挨拶

米肌のカタログにはアイテムの紹介の他、詳しい使い方も記載されています。
それでは一つ一つのアイテムを詳しく紹介しますね。

肌潤石鹸

肌潤石鹸
真っ白。
無香料です。
こちらの石鹸にもしっかりライスパワーNo.11が配合されています。

肌潤石鹸の泡立ち↓
肌潤石鹸を手で泡立てた
手とぬるま湯だけでもこのくらいの濃密泡は数秒で立ちます。
さらにネットをつかうと泡がさらにキメ細かく弾力が加わるのでおすすめ↓
肌潤石鹸をネットで泡立てる
肌潤石鹸肌潤石鹸をネットで泡立てる2

泡の弾力↓
泡の弾力
けっこう脂っぽい肌でも泡が最後までへたってこないのがいいところ↓
肌潤石鹸の泡を顔にのせたところ
洗い上がり時点でかなりしっとりとした肌に仕上がります↓
肌潤石鹸で洗った後
角質に水分が入った証拠「つやリング」ができました。
特にデメリットは感じません。

肌潤化粧水

肌潤化粧水
大手口コミサイト「@cosme」では肌潤のアイテムの中でも高評価なのがこの肌潤化粧水です。
@cosmeの評価↓
肌潤化粧水の@cosmeの口コミ
口コミ数が1,300件以上でありながら、☆4.6は高評価が多い証拠ですね。
ライスパワーNo.11をはじめとして、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス、グリコシルトレハロース、乳酸Na、グリセリンなどの保湿成分が多種含まれています。

角質を柔軟にするオイルが含まれており、古く硬い角質を柔らかくほぐしながら有効成分を肌に届ける(=モイストリレー効果)そう。

肌潤化粧水を手に出してみる
肌潤化粧水のテクスチャー
口コミの中には「アルコール臭がキツイ」とありましたが、私は特に感じません。
これと言ってにおいらしいにおいは無いように思います。

口コミを見ると、肌潤化粧水は米肌をラインせず単品で使用している人も多いようでした。

肌潤改善エッセンス(美容液)

肌潤改善エッセンス(美容液)
こちらは肌潤シリーズの中で最もライスパワーNo.11が高濃度。
医薬部外品に指定されています。

肌潤改善エッセンスのテクスチャー
肌潤改善エッセンスのテクスチャー2

柔らかめの美容液ですが、浸透スピードが速いという特徴があります(=モイストインジェクション処方)。

浸透型リン脂質がライスパワーNo.11をはじめとする美容成分を角質に引き込むようにすばやく浸透する効果だそう。その後肌表面にはエモリエントゲルが被膜のようにラップし、美容成分を長時間閉じ込めてくれるからつけた後は「長く続くもちもち感」が実感できます。

肌潤クリーム

肌潤クリーム
ライスパワーNo.11の他、保湿成分が多く含まれるクリーム。
他のクリームとの違いはエモリエント(保湿)カプセル配合という点。
保湿成分をカプセルが包み込み、肌の上でほぐれると、角質へと浸透するという設計。
さらにエモリエントオイルが肌表面にとどまって、保湿成分しっかり保護

効率的に長時間の保湿ができるクリームです。
そんな肌潤クリームのテクスチャーはちょっと硬め↓
肌潤クリームのテクスチャー
肌潤クリームのテクスチャー2
手のひらに伸ばすと「ラップ感」が分かりました。
実際に、化粧水→美容液→クリームまで塗ると手触りとして肌がもっちりしてきます。
朝塗ると乾燥によるテカリを防止するため、化粧崩れも防いでくれる印象です。

肌潤化粧水マスク

肌潤化粧水マスク
非売品なので、トライアルセットを購入した時の1回しか使えない貴重なマスク。
肌潤化粧水マスクは保湿成分たっぷり
マスクはちょっと力を入れると化粧水が滴るほどたっぷりと含んでいます。
肌潤化粧水マスクを顔にパックする
ちょっと大きめのマスクでした。
10分パックしたところ、肌の手触りがかなり改善。
パック後は数日間、化粧ノリがよかったです。
非売品なので、今回一度きりの使用というのが残念。
ですが後日試したところ、化粧水のコットンパックでも同じような効果が得られました。

以上が米肌の14日間トライアルセットの中身になります。

 

それぞれのアイテムに配合されている全成分と詳しい役割については以下にまとめています。

米肌トライアル14日間体験レビュー。40歳目前の肌の変化とは

私の使用方法はマニュアル通りです。
朝と夜の入浴時に使用しました。
写真は入浴後に毎日撮影。
顔全体、気になっているシミ、鼻の毛穴そして肌の水分量の4つがどう変化するのか比較することにしました。
以下がその結果です。

顔全体の変化

米肌使用1日目。
米肌使用1日目顔
気になっているのがくすみ感。
アラフォーの肌だけに乾燥によるくすみの蓄積がなかなか改善できず、肌が若くない印象なんです。
米肌使用2~13日目。
米肌使用2~13日目の顔
使用して7日目くらいから肌が明るくなってきた印象。
水分が入り、肌がふわっとしています。
米肌使用14日目。
米肌使用14日目の顔

シミの変化

米肌の口コミにシミが改善!というのを見つけたので、14日間チェックしてみました。
目の下にあるシミの変化を見ていきます。
米肌使用一日目。
目の下にあるシミ米肌1日目
けっこう輪郭がハッキリしたシミがあります。
米肌はシミに特化したスキンケアではないですが、一応変化があるかどうか記録していきます。
米肌使用2日目~13日目。
米肌使用2日目~13日目のシミの変化
シミ自体の変化はあまり感じません。
米肌使用14日目(最終日)。
米肌使用14日目のシミの変化
シミの大きさ、色は変化してないと思うのですが、肌全体の色が明るくなり、シミが目立たなくなった気がします。
というか、乾燥による目の下の小じわがふっくらと消えている方が大きな変化となりました。

肌水分計での変化
米肌使用1日目。
米肌使用1日目の肌の水分量
肌の水分量は28%。
大人の肌の水分量は平均30%程度なので、少し少なめ。
やや乾燥しています。

米肌7日目の肌の水分量。
米肌使用7日目の肌の水分量
一気に40%台へ。
赤ちゃん肌と同じくらいの水分量になります。

米肌14日目(最終日)の肌の水分量。
米肌使用14日目の肌の水分量
肌の水分量は42%。
米肌使用7日目以降は40~45%あたりをウロウロ。
理想的な肌の水分量を維持できています。

米肌を14日間使った個人的評価は?

初日の使用の時点で、しっとり感を実感できたのがよかったです。
さらに角質に水分が十分に増えてくると、肌全体から小じわ感が消えていった印象。
毛穴も膨らんだ角質によって目立たなくなった気がします。

実際に使ってみて、やはり30代からの「ちょっと年齢が出てきた肌」との相性の良さを実感しました。

米肌本品の価格は?損しない賢い購入方法を調べた

米肌はドラッグストアで気軽に購入するスキンケアと比べるとちょっとお高めです。

以下は公式サイトで購入した場合の米肌アイテム別の価格です。

米肌のアイテム別価格

アイテム名容量使用期間の目安価格(税別)備考
肌潤石鹸80g2~3ヵ月分3,500円
肌潤化粧水120ml1~1.5ヵ月分5,000円詰め替えあり(パウチ)
110ml(約1~1.4 ヵ月分)4,500円
肌潤改善エッセンス30ml1~1.5ヵ月分7,000円
肌潤クリーム40g1~2ヵ月分5,000円

SK-Ⅱのように1アイテムで1万円越えするほどでもないので継続はできそうなのですが、月の手取りが20万円前後の私にはやや重荷。。。
少しでもお得に購入する方法はないかと色々と調べました。

米肌を楽天で買うとお得?

楽天の米肌アイテムの価格
基本的には公式サイトを同じ価格で購入できます。
ただし、一部送料別になっているので注意が必要です。
上記は「@cosmeの楽天ショップ」になります。

米肌をAmazonで買うとお得?

Amazonの米肌アイテムの価格
ほとんど公式サイトと同じくらいですが、肌質改善エッセンス(美容液)だけが公式で販売しているものよりも、1,000円近く安く販売しているのを発見。
※Amazonの価格は変動します。
詳細を見ると・・・↓
肌質改善エッセンスのAmazonでの価格
販売しているのは「新品・中古いっさ堂」というところでした。
公式サイトに以下のような記述があったので、不安な方はおすすめできません↓
類似品注意のと書かれた公式サイト

まいこ
まいこ

米肌は類似品もあるとのこと。
個人的には公式サイトからの購入が安心だと思っています。

舞島
舞島

その上、お得なんだ。
詳しくは以下を読んでくれ。

米肌を最もお得に購入できるのは「公式サイト」になる理由

色々と調べた結果、損をすることなく、最もお得に購入できるのはコーセー米肌の公式サイトであると判明しました。
その理由をまとめます。

最大27%OFFになる定期便がある

米肌には定期便システムがあります。
この定期便のお得なところは、初回・4回目・7回目・・・と3回継続ごとに注文した商品と同じものともう一つプレゼントしてもらえるサービスがあります。

購入価格は定期もそうじゃないのも一緒ですが、この3回毎の本品プレゼントがあるので、実質最大27%OFFで商品を購入できてしまいます。
米肌の定期便がお得な理由
ただし、定期便というと、「一度始めたら止められないのでは?中止を申し出たら電話やメールでしつこく引き留められるのでは?」という不安がありますよね。

米肌の定期便は解約後にしつこく連絡が来ることはありません。
不安があったので、コールセンターに確認をしたところ、上記のように言われました。

ただし、定期便にしたら3回までは継続を約束しなくてはいけません。
だからこそ、14日間トライアルセットで自分の肌に合うかどうかを見極めるのはすごく大切です。

3回目以降はいつでも解約、休止OK。
お届け期間も「1ヵ月」「2ヵ月」「3ヵ月」サイクルから選べます。

定期便は季節ごとにプレゼントが届く

定期便を継続していると度々プレゼントが届きます。
非売品のあの肌潤化粧水マスクもその一つ。

ちょっとしたプレゼントが届くのって嬉しいです。

マイレージ制度がある

購入金額500円につき1マイルがたまります。
これを集めると、非売品のプレミアム商品との交換ができるというサービスがあるんです。
米肌のマイレージ制度
有効期限が1年あるので気軽にためてプレミアム商品と交換できるのも楽しみになりますよね。

さらに購入金額の累積に応じて、マイルがたまる金額が下がります。
例えば、4万円以上なら400円で1マイル。
8万円以上になれば、300円で1マイル。
14万円以上になると、200円で1マイルになる上、美容家電や厳選食品などがプレゼントされることも。
これらのサービスを踏まえるとやはり公式サイトは安心なうえにお得感がありますね。

米肌とSK-Ⅱを徹底比較。30代におすすめはどっち?

発酵系の基礎化粧品として人気の高いSK-Ⅱ。
高級スキンケアという面からも、「自分へのご褒美」や「誰からのプレゼント」として単品を短期間使うのが20~30代。
SK-Ⅱを継続してライン使いをするのは40代~が多いと言います。

まいこ
まいこ

でも、美肌の女優さんを起用し、オシャレなCMをバンバン流しているSK-Ⅱは気になる存在ですよね。

米肌もSK-Ⅱも同じ発酵系のスキンケア。
この2つは何がどれくらい違うのでしょうか?

結論。実はあまり変わらないという口コミ多し

米肌とSK-Ⅱを大きく分けるのはその有効成分。
米肌は「ライスパワーNo.11」であり、かたやSK-Ⅱの有効成分は「ピテラ」

どちらも保湿力の高い成分ですが、米肌はセラミドを生み出す成分「ライスパワーNo.11」を肌に送り込んで保湿をするのに対して、SK-Ⅱは保湿や肌質の向上に効果がある成分を50以上も持つピテラ。

それぞれに効果がありますが、肌への効果という点からは大差がないという声が多いです。

まいこ
まいこ

どちらもきちんと使えば保湿力の高い基礎化粧品。
高級感で選ぶか、実力で選ぶかという違いはありますが、肌への効果は大差なし。
とはいえ、個人差があるので気になる方は両方使って試すもよし!

ライスパワーNo.11配合の米肌とライスフォースを比較!

米肌とライスフォースの比較

ライスパワーNo.11配合のスキンケアは米肌だけではありません。
いくつかある中で特に有名なのは「ライスフォース」だと言えます。
この2つは何が違うのでしょう。
具体的に比較するとこの2つの違いはライスパワーNo.11以外の配合成分。

どちらもライスパワーNo.11を使った保湿をメインにしていますが、その他の成分から効果が出やすい肌悩みは若干変わります。
そのため、口コミするユーザーの年代にも違いが。
加齢に伴う肌悩み(毛穴・弾力低下)なら米肌、20代で起こる肌トラブルならライスフォースなど。
絶対にどちらかではいけないというワケではないですが、この2つのスキンケアの口コミユーザーを見ると上記したような違いがありました。

米肌は単品使用でも効果が期待できるのか

米肌は単品使用するユーザーさんが多いという特徴もあります。

それは米肌の全てのアイテムに「ライスパワーNo.11」が配合されているため、どれか一つだけのアイテムだけでも肌質が改善するというメリットがあるため。

もちろんライン使いの方が成分の浸透を効率よく促すことができますが、単品使用でも「これいい!」と実感できるのも人気の理由です。

まいこ
まいこ

単品使用をする場合にもおすすめなのがトライアルセットで米肌アイテムを試してから選ぶこと。
いきなり本品を購入して、「思ってたのと違う!」にならないためにもおすすめですよ。

米肌がおすすめなのはこんな人!

ここまで米肌について徹底的にまとめていきました。

さて、では本当に米肌に効果を発揮するのはどんな人なのでしょうか?

  • 30代以上
  • 小じわが気になる
  • 笑いじわが戻らなくなってきた
  • 乾燥肌である
  • 乾燥肌が年齢を増すごとに悪化している
  • ほうれい線が深くなってきた気がする
  • 40代~50代になっても若い肌をキープしたい

上記項目に2つ以上当てはまるのであれば、米肌は使ってみる価値ありです。