外壁塗装をきっかけにしてリフォームも行い得られた快適な住まい

業者に依頼しました

10年目を迎えていた事もあってやはり外壁塗装を速やかに行う必要があると判断しつつ、他にも変化が発生している箇所を調べるべく確認していると、外壁材の一部が元来よりも形が変化している場所がある事を見つけました。
粉が発生していたり膜が細かい破片になって落下する様子は、表面上の劣化などが関係している事が素人目でもわかりましたが、外壁材の一部の形状が変化している様子は素人目ではわからなかったため、専門家に相談して調べてもらう事にしました。
専門家が自宅に訪れて現場確認をしたところ、粉が発生している理由は施した塗料が10年間のうちに紫外線を吸収して粉を発生させていると説明してくれましたし、膜が剥がれている様子については外壁材自体が本来の能力が発揮できなくなっている事が関わっていると教えてくれました。
同じく外壁材自体の作用が低下して発生していたのが一部の形状が変化している様子であり、紫外線と雨を受け続けた事でカーブを描いてしまって形が変化している事がわかりました。
粉が生じていたり膜が剥がれ落ちている点については外壁塗装をやり直す事によって解決する様子になり、外壁材自体が変化している所については新しい物に交換するといった作業が行われる事になりました。

区切りがよいので外壁塗装を検討業者に依頼しました理想的な外壁になりました